理念・方針・特色

大田区の認可保育園「森の保育園」

理念・方針・特色

理念

キリスト教精神に基づき
すこやかな子ども すこやかな家族
すこやかな地域を育む保育園

方針

アメリカのアラバマ州にあるニュースタートログラムを導入しています。

N ニュートリション(栄養)玄米菜食
E エクササイズ(運動)スポーツ指導 縄跳び、組体操、マラソンなど
W ウォーター(水)きめ細やかな水分補給
S サンシャイン(太陽)午前午後2回の散歩
T テンパランス(節制)規則正しい生活習慣を学ぶ
A エア(空気)可能な限り緑豊かな公園を選びマイナスイオンをたっぷり深呼吸 鼻呼吸の推奨
R レスト(休息)早寝早起き休日の過ごし方
T トラスト(信頼)身近な重要な人間関係を良好にする

特色(知・徳・体・食)

知:賢い子どもへ導く幼児教育

森の保育園ではご家庭でも購入可能な「くもん教材」を取り入れております。

学習皆様は後頭部が結合したシャム双生児を分離する手術の成功によって世界的に有名となった小児脳神経科医ベン・カーソンをご存じでいらっしゃいますでしょうか。ベン・カーソンは小学校の頃は落ちこぼれだったそうです。彼はTVを見すぎて勉学が疎かになっていました。

東北大学の川嶋教授はテレビ・ゲームをしすぎることにより脳の前頭前野の機能が停滞すると言っています。

反対にくもんのような単純計算や読書をすることにより発達すると言われています。ベンの母はそのような知識はありませんでしたが「TVは1週間に2番組だけ」と決め、更に、「週に2冊本を読んで、感想文をお母さんに提出する」ことを求めました。

ベンは、関心をもった分野の本を図書館で借りて読むことに熱中するようになり、また、週に2番組と制限されたTVは専らクイズ番組を見て、兄や出演者と正解を競うことを楽しむようになりました。

知識を求める楽しみを知って、成績がぐんぐん上がり、立派な医師となりました。

ここで言いたい事は、学習の習慣はその子の人生まで変えるということです。

更に、ベンの母は実は文盲に近かったのですが感想文を確認しては、必ず「良く出来ました」と書いていたそうです。就学前指導で 大切な事は肯定的に子ども達と関わることです。それは子ども達の 自己肯定感を増やしていきます。

「くもん教材」はこの関わりが取り入れやすい体系となっています。ご家庭でも是非、絵本の読み聞かせをしてあげ、子ども達が覚えてきたことを褒めてあげて下さい。

徳:愛を育む道徳教育

森の保育園では、キリスト教精神に基づき、思いやり、いたわり、励まし合いを学びます。

豊かな人格は偶然に生じてくるものではありません。

生活のあらゆる行為は、例えどんなに些細な事であっても、人格の形成に影響を及ぼします。「若木が曲げられると、その木は曲がったまま成長する」という諺は、驚くほど真理をついています。

良い人格はどんな財産よりも貴重です。
良い人格を形成させるためには、意志力と自制力が必要です。

意志力と自制力を養うためには、感情に流されることなく、愛を持って根気強く教育することが大切です。人は愛されて初めて誰かに愛を与えることが出来ます。

また、規律ある温かな人間関係の中で、子どもたちは安心して判断・選択していくことが出来ます。

更に、子どもたちが正しい判断をするためには、沢山のモデリングが必要です。いい作品の絵本の読み聞かせや、周囲の大人たちの在り方が模範となります。森の保育園では、心を育む読み聞かせを大切にし、職員達はそれぞれ自己研鑽していけるよう様々な研修を行っております。子どもと共に学び続ける姿勢を大切にしています。

いつも喜び、祈り、感謝する習慣は子どもたちの失われることのない財産になります。笑顔を大切に、相手を思いやり、いたわり、励まし合える教育を目指しております。

参考文献:「心を育てる家庭教育」E・G・ホワイト著
※お友達と仲良く過ごす為に、セカンドステップの教材を取り入れています。セカンドステップとは子どもの様々な場面の写真を見て、それぞれの気持ちや行動の選択肢を学んでいく教材となっています。

体:自然に触れて丈夫な身体作り

森の保育園の名前の由来はデンマークの森の幼稚園からお借りしました。

森の幼稚園は園舎を持たず、ほとんどの時間を森で過ごしています。森には備え付けの遊具がありません。子どもたちは木の棒や草・土・枯葉などを使って思い思いに遊びます。想像力をつかって森にあるすべてのものが遊び道具にかわります。

私達は都会のビルの中であっても子どもたちを出来る限り、自然豊かな公園に連れて行くことを目指しています。

森の中に行ったら得られるものは何でしょうか?それは安らぎや穏やかさではないでしょうか。森の中ではその子らしさが、のびのびと表現できます

運動をすることはとても大切です。疾病の予防効果をもたらすばかりではなく、健康を最高の状態に保つ手助けをします。また日光を浴びることは骨を丈夫にします。適度な運動はエンドルフィンの分泌を促して、気分を壮快にし、考え方を前向きにしてくれます。

森の保育園では、晴れていたら必ず毎日公園に行くようにしています。いろいろな公園に行き、時に子どもたちと冒険に出かけます。大人も童心に帰って一緒に遊びます。子どもたちは大人たちと向き合って遊ぶと喜んでいます。

いろいろな体験を積み重ねることで、子どもたちは体が丈夫になることはもちろんのこと、様々な事を学びます。自然に対する畏敬の念は、豊かな人格形成に必要不可欠です。

食:土台となる食育

成長期に何を食べていたかによって体の基礎は大きく変わっていきます。

日本は長寿国と言われていましたが、今長寿と言われる方々は現代のような食生活はしていませんでした。

現代の食事の傾向は「おかあさんやすめ」(お:オムライス、かあ:カレーライス、さん:サンドウィッチ、や:焼きそば、す:スパゲティ、め:麺、ラーメン)というように、小麦製品や動物性食品が多く、高コレステロール、高カロリー、低栄養でビタミンミネラルが足りていません。

森の保育園では反対に「まごわやさしい」(ま:豆、ご:胡麻、わ:わかめ・海藻類、やさ:野菜・果物、し:しいたけ・きのこ類、い:イモ類)を積極的に給食にとり入れ、玄米菜食で足りない栄養を補っていくことが大切であると考えています。

昼食私共が見ていると、食事を変えるだけで子ども達は平熱が上がり、より健やかになり、情緒が落ち着くように感じられることは事実です。

幼い時期から野菜好きの味覚になるとよい習慣形成がされ、人生にも影響されます。

ウィリアム・ジェイムズ(心理学・哲学者)の言葉に「習慣が変われば人格が変わる人格が変われば運命が変わる。」という言葉があります。

お子様の人格形成においても食事は大きく影響します。お子様の健やかな成長の為にもぜひご一緒に勉強していきましょう。

入園式の祈り

平成30年度から森の保育園の理念が変わりました。

平成29年度までの森の保育園の理念は、
健やかな子ども、健やかな家庭、健やかな地域を育む保育園。でした。

平成30年度からの森の保育園の理念は、
キリスト教精神に基づき
健やかな子ども、健やかな家庭、健やかな地域を育む保育園。となります。

変更した理由は、昨年秋頃に、ニュースをみましたところ。
小学校虐め問題全国32万件。
文部科学省が道徳の授業に力を入れたが、虐めは減らず。と言った内容でした。

道徳では、おさまらない小学校の虐め問題に対して。
私は、保育園からの就学前教育の中にキリスト教教育を導入する事を考えました。

何故なら、
私の娘が小学生の時に虐め問題の渦中に入り不登校児となった時。
転校した学校がキリスト教教育で、その教育により親子で学びました。
結果、虐め問題を解決する事が出来るのは、
愛だけだと知ったからです。

親子で暗闇の日々を過ごしていた時に、
私たちは、愛という言葉の意味さえ
知りませんでした。

保護者会役員会で相談しました所、皆さん快く理解してくださり、理念変更となりました!

以下
入園式も初めて礼拝形式にさせていただきました。
式開始の私のお祈りをシェアさせてください。
全てに感謝いたします。

天の父なる神様
今日この晴れやかな朝に、入園式進級式を開催できます事を心より感謝いたします。

4月になり、初めて保育園で過ごすお子さんたちは、不安と寂しさで泣きながら保護者の方々を見送りました。

そんなお父さんお母さんたちも後ろ髪を引かれるような思いでお仕事に出かけました。

その胸の痛みは、かつて私も二人の娘たちを預けて働いていた時に味わった痛みで、毎年この季節になると、思い出します。

しかし、神様、そんなこどもたちも三週間のうちには保育園に慣れて、笑顔でお散歩をしたり、給食を食べて過ごすことができるようになりました。

聖書には、
「神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」
と書いてあります、

様々な理由で、幼いお子さんたちを預けて働く保護者の方々の沢山の試練に対して、私たち保育園を、
一本の逃れる道として用いてください。

子どもたちと保護者の方々が、
これからの様々な試練も
神様が、一人一人の成長の為に、
乗り越えることができる分だけを、
与えておられる事を信頼し、
平和に乗り越えて行くことができますように。

また、私たち保育園や地域が
こどもたちや保護者の方々に対して、
神様のみ心にかなう慈しみや励ましの心を持ち
お仕えして行く事が出来ますように、
いつもそばにあって導いてください。

この時を感謝して、イエス様のお名前を通してして
お祈りいたします。

アーメン!


PAGE TOP



森の保育園

〒146-0081
東京都大田区仲池上1-31-13 3F
TEL:03-3754-2525

Happy!保育士




MENU

CONTACT
HOME